看護師転転職を成功のための方法

具体的な転職先情報の入手法

客観的な数字などの情報は自分でも、インターネットを使えば、ある程度調べることができます。インターネットに情報が出ている病院と言う限定が付きますが、病床数、看護師数が分かれば、病棟担当の看護師の業務量が推測できます。また、休日数、勤務時間体系、2直、3直の交代勤務制度や福利厚生の充実度も推し量ることができます。中には、残業日数や有給休暇の日数とその消化率もわかる病院もあります。また、特定の診療科目で働きたい場合の診療科目の一覧も確認することができます。教育システムが気になるようであれば、年間の教育プログラムを公開している病院もあります。ただ、問題はその病院が看護師を募集しているか、募集していてもスキルや能力が一致しているかなどの問題があります。転職を検討している病院がインターネットに詳しい情報を公開していなければ、欲しい情報が得られません。その場合は、看護師転職支援サービスを利用すれば、かなりの程度の客観的なデータを教えてもらうことができます。また、無理な場合は、条件に合う転職先を探してもらうこともできます。インターネットの情報以外では、実際に、転職したい病院が近くであれば、行って病院内の様子を肌で感じることも大切です。ただし、これは、遠方に転職したい場合は、無理なので、やはり、失敗しない転職のためには、看護師転職支援サービスを利用することがお勧めです。登録するだけで、無料で有益な情報を提供して貰えるので、成功する確率が大きくアップします。

その他のコンテンツ